日本代表のゲームでこんな臆病なサッカーを見たのは久しぶりだね。見ていて正直、恥ずかしかったよ。がっかりだ。立ち上がりに高い位置でボールを奪って良い形で先制したのに、そのあとは自陣に引いて、チャンスを待つだけのサッカーだった。
 
【オーストラリア 1-1 日本|PHOTOギャラリー】原口の3戦連発弾で先制するもPKで悔しい引き分け…

 岡田監督が率いた南アフリカ・ワールドカップでの日本代表を思い出したよ。本田を1トップに置いて、両サイドの大久保と松井が走り回る形。でも、あの時はオランダ、カメルーンら世界を相手にした戦い方だった。アジアで同じような戦法を取って、この先どうするんだろうね。
 
 それに岡田監督のチームの方がもっと攻撃の形を作れていたよ。今日は結局、引き分けたわけだし、今のままでワールドカップに出場しても3戦全敗で終わるだろうね。
 
 ハリルホジッチ監督の采配も謎だった。代表デビュー戦となった丸山をなぜ、原口に代えて左の高い位置で起用したのか。あの采配だけで、更迭に踏み切って良いと言えるくらいの悪手だった。
 
 Jリーグでの丸山のプレーをチェックしているんだろうか。前線でプレーしている姿をいつ見たんだろうね。CBの選手をあのポジションに入れる意味がまったく分からないよ。Jリーグで良いプレーをしていた齋藤が気の毒でしょうがない。起用しないのなら招集しなければ良かったんだよ。ルヴァンカップの準決勝を前に主力を引き抜かれて敗退してしまった横浜が可哀そうでしょうがない。
 
 きっと1-1の状況で勝ちに行く気はなかったんだろうね。最初は丸山をCBに入れ、先日のイラク戦のように吉田を前線に入れてパワープレーを仕掛けるのかと思ったけど、それもやらなかった。ドローで良しという想いが感じられたよ。
 
 試合後の選手のコメントを聞いていても、「アウェーでの勝点1は評価しなくちゃいけない」という声が多かった。でも引き分けで喜ばなくちゃいけないのが、今の日本代表の実力。本来はドローでがっかりしたという声があっても良いんだけどね。
 
 今の選手たちの心境は「勝点2を失った」ではなくて、「アウェーで勝点1を取った」という安堵なんだろうね。まあ見方を変えれば、プライドを捨て、勝点1を取りにいったということだろうから、その目標を達成できたという点では評価して良いのかもしれない。でも日本のアジアの戦いのなかで、こんな消極的な姿勢を見たのは久しぶりだよ。
 
 本田は1トップで先発したけど、最前線ではコンディションの悪さをごまかせていた印象だ。序盤の原口のゴールをアシストしたけど、ここ数試合通りその後は足が止まっていた。今の調子ではどのポジションをやっても厳しい。後半はプレスをかけられずに前線をウロウロするだけ、それこそただ“いる”状態だった。交代は明らかに遅かった。
 
 ハリルホジッチ監督は混乱していたんだろうね。ラインズマンと喧嘩している時間があれば、冷静に試合の流れを読んで采配を振るえば良いんだけど、それができない。レフェリーの動きばかりをチェックして、試合を分析できていない。
 
 浅野、清武の投入も遅かった。それにイラク戦で良いプレーをした清武をベンチに置いて、香川をスタメンで起用した意図も理解できなかった。香川は守備しかしていなかった印象で、攻撃への貢献度は非常に低かった。ハリルホジッチ監督は香川の活かし方を分かっているのかな。
 
 原口は3試合連続ゴールとひとり気を吐いたけど、守備の負担が大きかった。PKのシーンは軽率だったが、あれだけ守備で体力を削られると、判断を誤るシーンだって出てくる。もっと攻撃の時間を作れれば、防げた失点だったのかもしれない。
 
 小林、原口、香川ら前線の選手があそこまで相手を追いかけてくれれば、守備陣は楽なはずなのに、結局この日も失点した。ハリルホジッチ監督の狙いはチグハグだってことだよ。
 
 この試合を見ていて、「日本はここまで落ちたか」と思った人も多いんじゃないかな。ここからの最終予選には大いに不安が残る。
 
 結局はブラジル・ワールドカップから前に進めていない、いや悪くなっているということ。4年前の最終予選では相手を圧倒して勝つ試合があったのに、今は1勝するためにあっぷあっぷの状態だからね。
 
 次はホームでのサウジアラビア戦(11月15日)。厳しい戦いが予想できるが、この一戦で勝点3を取っておかないと、来年が難しくなる。2017年はUAE、イラク、サウジアラビアと中東でのアウェー戦が残っているからね。
 
 もしサウジアラビアに敗れて、オーストラリアとも勝点差が付いてしまうと、3位へ入るのが現実的な目標になるかもしれない。そのなかで監督交代という最悪の事態になれば、それこそ混乱状態に陥るよ。
 
 だからこそ次のサウジアラビア戦は非常に重要になる。
 
 また、サウジアラビア戦の前に11月11日にオマーンとの親善試合があるが、多くの交代枠が用意されているはずの試合では、日本は結果を残せるんだ。それはコンディションの悪い海外組をすぐに交代させられるから。
 
 そこで快勝して「日本は強い!」ってことになっちゃうのが、問題なんだ。それでも、オマーン戦で勢いを得て、サウジアラビア戦に臨んでもらうしかない。
 
 長年日本のサッカーを見てきて、こんなに臆病な戦い方を見せられたのは久しぶりだけど、これ以上悪くなることはないと割り切って前に進むしかない。
 
 重ね重ねになるけど、このドローは学生チームが、Jクラブに引き分けて喜んでいるようなもの。この結果で満足している選手がいれば問題だよ。
 
 見ている方としたらスリルがあって楽しかったかもしれないけど、日本の成長は止まったと言わざるを得ないよね。慰めで、アジアのレベルが上がったから日本は苦戦していると言われるけど、違うよ。日本の力がただ落ちただけ。
 
 なにか起爆剤が欲しいけど、次のサウジアラビア戦でもメンバーは変わらないんだろうね。本田、香川らが所属クラブで試合に絡めるようになれば良いが、希望は非常に薄い。ミランのモンテッラ監督は今日の本田の1トップのプレーはチェックしていないはずだし、もし見てくれていても、評価をさらに下げることになったかもしれない。
 
 それは香川も同じで、アピールポイントはなかった。今は原口に懸けたいけど、多くの守備のタスクを背負合わせながら、4試合連続ゴールを期待するのは酷だ。
 
 オーストラリア戦で出場停止だった酒井宏は戻ってくるし、練習中の脳震盪で大事を取って離脱した長友、怪我で招集を辞退した宇佐美、武藤も復帰するはず。前から言っているように試合に出ていない海外組より、コンディションの良い国内組を起用すれば良いと思うけど、追い込まれている指揮官にその余裕はない。現メンバーでなんとか結果を残すしかないよ。
 
 いずれにしてもなんとかポジティブな意識を持って、サウジアラビア戦を戦ってもらえればと思う。年末明るく過ごすためにも、勝点3を掴んで欲しい。
 
【オーストラリア 1-1 日本|PHOTOギャラリー】原口の3戦連発弾で先制するもPKで悔しい引き分け…