10月11日のオーストラリア対日本の試合が行なわれたのは、海沿いにあるドックランズ・スタジアムだ。だからだろう。試合中は無数のカモメたちがピッチ上を飛び回っていた。時には、かなりの低空飛行で。時には、ボールのないスペースで羽を休めて。
 
 87分、オーストラリアのFKのチャンスに、スピラノビッチが際どいヘディングシュートを放った場面。日本のゴールに向かって羽ばたいていたカモメたちが、シュートが枠を外れると、ゆるやかに進路を変えていった。
 
 まるで、「祝福しに行ったのに、なんだよ外したのかよ」といった風情で、少しガッカリしているようだった。
 
 実際にピッチに立つ選手たちは、カモメたちの存在をどう思っていたのか。
 
「いたのは分かっていましたけど、全然気にならなかったです」とは酒井高徳だ。一方、槙野智章は「かなりいましたよね。気にはなりましたけど」と、感じ方は人それぞれで違っていたようだ。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【オーストラリア 1-1 日本|PHOTOギャラリー】原口の3戦連発弾で先制するもPKで悔しい引き分け…