ロシア・ワールドカップ南米予選の10節(10月10〜11日)が終了し、明暗がくっきり分かれたのはブラジルとアルゼンチンだ。
 
 アウェーのベネズエラ戦に臨んだブラジルは、累積警告でエースのネイマールを欠きながら、19歳の超逸材ガブリエウ・ジェズスのゴールで先制すると、53分にはウィリアンが加点。怪我が癒えて代表復帰したチアゴ・シウバを押しのけ、引き続きマルキーニョスがCBのレギュラーを務めたDFラインも無失点に抑えるなど健闘し、最下位に沈む相手を寄せ付けず2−0で勝利した。
 
 チッチ新体制が発足してから、セレソンはこれで破竹の4連勝。一気に巻き返し、今予選では初の首位に躍り出ている。
 
 頼もしいのが、最前線で躍動するG・ジェズスの活躍ぶりだ。チッチ監督の下、7節のエクアドル戦でデビューを飾って以降、コンスタントに出番を得ているストライカーは、4試合で4ゴールと期待に応えている。
 
 一方、怪我で離脱したリオネル・メッシを欠くアルゼンチンは、パラグアイ相手にホームで不覚を取った。
 
 18分、敵の綺麗なカウンターから最後はデルリス・ゴンサレスにニアを撃ち抜かれて失点する。後半開始早々に相手のハンドでPKのチャンスを得たものの、キッカーを務めたセルヒオ・アグエロのキックはGKフスト・ビジャールに弾かれた。
 
 結局、そのまま0−1でタイムアップ。これでアルゼンチンは出場圏内の4位から転落し、オセアニア地区代表とのプレーオフに回る5位に順位を下げた。
 
 明暗が分かれた両雄。この状況で迎えるのが、次節の直接対決(11月10日/ブラジルがホーム)だ。絶対に負けられないのはアルゼンチンだろう。翌12節の相手が難敵コロンビア(11月15日/ホーム)で、厳しい戦いが続くこの連戦で仮に連敗を喫すれば、ロシア行きに黄信号が灯る。