J1のジュビロ磐田は10月12日、東福岡高3年のMF藤川虎太朗の来季新加入が内定したと発表した。

 藤川は今年、東福岡の10番を背負うチームの大黒柱。昨年は2年生ながらインターハイで得点王を獲得して2連覇に貢献すると、続く選手権では序盤戦こそ調子を落としスタメンから外れたものの、準決勝からは持ち前の得点力を爆発させ、二冠獲得の原動力のひとりとなった。

 171センチ・69キロと大柄ではないものの、左右両足から放たれるシュートは強烈そのもの。得点感覚に優れたミッドフィルダーとして早期の活躍が期待される東京五輪世代の選手だ。

 藤川は、クラブを通じて次のようなコメントを発表している。
「このたび、ジュビロ磐田に加入することになりました。小さいころからの夢が叶って、とてもうれしいです。少しでも早くJリーグデビューし、チームに貢献できるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」