酒井宏樹や長友佑都の離脱により、オーストラリア戦ではCBではなく、左SBでフル出場した。適性がないわけではないが、本職ではない。ある意味、不慣れなポジションで、槙野智章は懸命にプレーを続けた。
 
 ただ、正直に言えば、そのパフォーマンスは期待外れだった。

【オーストラリア 1-1 日本|PHOTOギャラリー】原口の3戦連発弾で先制するもPKで悔しい引き分け…
 
 チームとして極端に守備的な戦術を強いられるなか、守ることに専念して堅実なディフェンスを見せてはいた。もっとも、期待された空中戦で競り負け、寄せても奪い切れない場面も散見されたのは反省材料ではあるが。
 
 持ち前の思い切った攻撃参加も自重。「どちらかと言えば、酒井高徳選手のほうから攻撃をして、左サイドでバランスをとるよう指示があった」(槙野)という。前線にタイミング良く飛び出す場面は数えるほどで、ほとんどパスも出てこなかった。
 
 もちろん、チームの約束事をしっかりと果たした結果だろう。代表には代表のやり方がある。本人の中でも割り切ってタスクをこなしたはずだ。それでも、どこか物足りなさが残った。
 
 結局は、オーストラリア戦の槙野は“代役”をこなしたに過ぎなかったのではないか。それはそれで大変な仕事だ。しかも、本職ではないポジションだ。誰にでもできることではない。しかし、それでレギュラーを奪うことはできるのか。酒井高や長友を脇に追いやるなにかを示したのか。
 
 オーストラリア戦は難しいゲームだったのは承知しているが、「槙野智章」をアピールする絶好のチャンスでもあったと思う。
 
 敵地で奪った勝点1の価値について問われると、「ポジティブな勝点1」と答える一方、「勝点3を狙いに行っていたので、勝点2を失ったという見方もできます」とも言う。
 
 ならば、なぜもっとアグレッシブに行かなかったのか。守備に傾注するだけの自称“DFW”が、閉塞感漂う今の日本代表に明るい未来を届けられるとは思えない。
 
 槙野を左SBで起用する利点は少なくない。酒井宏が戻れば、吉田麻也、森重真人との編成で、全員が180センチオーバーの4バックになる。当然、課題である守備時のセットプレーの強化になる。浦和で同僚の守護神・西川周作とも息の合ったビルドアップができるだろう。
 また、右の酒井宏を高い位置に置き、最終ラインをスライドさせた3バックにも対応可能だ。逃げ切りを図る際には、左ウイングを下げ、右SBを上げて両サイドをウイングバックとすれば、交代枠を使わずに5バックを形成できる。
 
 さらに攻撃面では、果敢なオーバーラップで味方をサポートし、ミドルシュートもあれば、直接FKも蹴れる。守備時と同様、セットプレーでも脅威を与えられる。
 
 攻守両面で戦術の幅を広げられるポテンシャルを槙野は秘めている。オーストラリア戦では持てる能力の半分しか表現できていなかった。させてもらえなかった。
 
 このままバックアッパーに甘んじるのか。通常の代表でのトレーニングを眺めていると、槙野がいるといないとでは笑顔の数が違うように見えるが、ムードメーカーで終わるわけにもいかない。
 
 守備のクオリティをさらに高める必要はあるが、クラブでの充実を代表にもたらし、予選を突破するための新たな原動力となりたい。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)