[JリーグYBCルヴァンカップ決勝]
G大阪 - 浦和
2016年10月15日13:05/埼玉スタジアム2002

ガンバ大阪
 
【最新チーム状況】
●長沢がスーパーサブ? パトリック欠場。 
●やはり秘策あり?「ここでは言えないが、チームのやり方を確認し合えた」。
●藤春は「浦和サポーターを静かにさせる。あれは本当に気持ちいい」。
●遠藤はトップ下起用が有力視。
 
【ルヴァン杯決勝展望】
 横浜との準決勝は、第1戦がホームでスコアレスドロー、そして第2戦がアウェーで1-1と同点ながらアウェーゴールで手堅く、3年連続ファイナルにコマを進めた。勝負強いG大阪を見せつけられるか――が、ポイントになる。
 
 前日練習は、浦和がすべてメディアに見せたのに対し、G大阪は冒頭15分のみを公開。“浦和対策”を練ったとみられる。練習後、長沢は「ここでは言えないが、チームのやり方を確認できた」と語っていた。

 最近試行錯誤を続ける前線の組み合わせも注目されるところ。CFはアデミウソンが有力視されるが、長沢の先発復帰もありうる。パトリック欠場が決まっただけに、“大駒”の長沢はスーパーサブ起用になるか?
 
 また遠藤は「ポゼッションを高めたい。先に点を取られないことが大切。ゲームにうまく入りたい」とコメント。立ち上がり前線からプレッシングをかけていくのか、それともカウンターを狙うのか。そのあたりの序盤戦の攻防が、勝敗と結びついてきそうだ。
 
 また、藤春は0-4で大敗したリーグ戦について、「情けない試合をしてしまっただけに、借りを返すチャンス。『We are Reds』の声援は正直怖いけど、あれをさせず静かにさせること。あれが気持ちいいんですよ」と話した。
 
 浦和のホームである埼玉スタジアムでの対戦となるが、逆にこの大一番では、G大阪の選手たちは、相手に比べ重圧を受けずに戦える点をメリットに挙げる。2年前のリーグ逆転優勝への1勝、昨年のチャンピオンシップ準決勝……確かに、G大阪にとっては、大一番では縁起の良いスタジアムと言える。
 
「内容は関係ない。とにかく勝つだけ」
 
 選手たちはそう声を揃えていた。一戦必勝。勝機は十分ある。“初代”ルヴァンカップ王者となり、クラブ史上10冠を獲得する。
 
[JリーグYBCルヴァンカップ決勝]
G大阪 - 浦和
2016年10月15日13:05/埼玉スタジアム2002
 
浦和レッズ
 
【最新チーム状況】
●準決ハットトリックの興梠は前日別メニュー調整だが問題なし?
●“初代”ルヴァン男? 高木が得点王獲得なるか。
●阿部は全メニューをこなす。ボランチは柏木と先発へ。
●リーグ戦での大勝は、「逆に、より試合を難しくする」と宇賀神。
 
【ルヴァン杯決勝展望】
 FC東京との準決勝第2戦でハットトリックを達成した興梠が、前日の紅白戦に参加しなかった。怪我などはなく大事をとったものとみられ、決勝での先発は問題なさそうだ。
 
 また、今大会最多の4ゴールを決めている高木も先発が有力視される。得点ランク2位の3得点には興梠がつけている。G大阪勢では、アデミウソン、長沢が2ゴールを決めている。今、乗りに乗るアタッカーが決勝点を決めて、“初代”ルヴァン男命名といきたい。
 
 合流した日本代表組もコンディションはよさそう。ボランチは柏木と阿部のコンビになりそうだ。また、右ウイングバックは関根の先発となりそうだ。
 
 10月1日のリーグ戦では4-0の勝利を収めているが、「それは関係ない」と誰もが口を揃える。宇賀神は次のように語っていた。
 
「リーグとカップ戦はまったく違った雰囲気になる。タイトルのかかった試合でガンバは自信を持って臨んでくる。相手の自信を打ち砕くことで勝利につなげたい」
 
「逆にひとつ前でああいう試合(大勝)をしたことで、より難しくなる。ガンバは前からプレッシャーをかけてくると思うので、90分は持たないはず。焦れずに後ろから組み立て、余裕を持って回せば、スペースが空いてくる。そのスペースを見つけることが大事」
 
 G大阪が前からプレッシャーをかけてきた際、その機先を制することができるかが、ひとつポイントになりそうだ。


取材・文:塚越 始、多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)