[JリーグYBCルヴァンカップ決勝]
G大阪 - 浦和
2016年10月15日13:05/埼玉スタジアム2002

 「昨年は悔しい想いをしたが(ナビスコカップ決勝/0-3で鹿島に敗れた)、その悔しさから学ぶこともたくさんあり、ここまで来ることができた。チャンピオンになりたい」
 
 決勝前日の練習後、遠藤保仁がルヴァンカップ優勝、そして10冠達成への想いを語った。
 
「ボール支配率を高めたい。それに先に点をやらないこと。この間の試合(第2ステージ14節・G大阪0-4浦和)は悪すぎた。ゲームに上手く入るための準備をしたい」
 
 優勝の鍵を握る司令塔はそのように決勝での戦い方を展望。さらに、「ファイナルの舞台ではあるが、いろいろなことにトライしたい」と抱負を語った。
 
 さらに、浦和とは大一番での相性が良いのでは? そう聞かれると、苦笑いを浮かべて次のように答えた。
 
「いや、(浦和には)勝負どころで負けてもいるんで……。過去の成績は気にしていません」
 
 そして、ただ15日の決勝に勝ちたいという想いを強調した。
 
「明日、内容はどうでもいい。勝つチャンスはある。1点でも多く取りに行き、タイトルを獲りたい」
 
 また、今回はナビスコカップからルヴァンカップに名称が変更された“節目”にもなる。
 
「大会の名前が変わり、最初に優勝チームの名前が刻まれるのは嬉しいこと。クラブとして9冠を獲ってきたので、今回ここで10冠目にしたい」
 
 淡々と語るなかに、『一戦必勝』の強い想いが込められていた。長谷川監督も事実上、リーグ優勝は厳しいため、カップ戦獲得に照準を当てる考えを示していた。ポジションはトップ下、それともボランチ? 遠藤がどんなインパクトを残すのか――G大阪の命運は、背番号7が握っている。
 
 
取材・文:塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)