[ルヴァンカップ決勝]G大阪1(4PK5)1浦和/10月15日/埼玉スタジアム2002
 
 【ルヴァン杯決勝 PHOTO】G大阪 1(4PK5)1 浦和|激闘の末浦和が13年ぶり2度目のリーグカップ制覇!

 延長を含む120分でも決着がつかずに突入したPK戦。勝負を決めたのは、浦和の日本代表GK西川周作だった。G大阪4人目のキッカーを務めた呉屋大翔のシュートを右足でストップし、PK戦5−4での勝利に貢献した。
 
「本当に今日集まってくれたたくさんのサポーターとともに120分戦って、PK戦は絶対に止めてやろうと思っていた。自分を信じてやった結果、こうやってみんなの笑顔を見ることできて本当に良かった」
 
 試合後のインタビューでそう語った西川は、こんなエピソードも明かした。
 
「レッズに来てからPKを1回も止めてなかったので責任を感じていた部分があったんですが、しっかりとゴールを守ることができてよかった」
 
 14年の移籍後初のPKストップが、クラブに13年ぶりとなるリーグカップ戦のタイトルをもたらした。このタイトルは、西川にとっても大きな一歩となったに違いない。