[ルヴァン杯決勝] G大阪1(4PK5)1 浦和/10月15日/埼玉スタジアム2002

【ルヴァン杯決勝 PHOTO】G大阪 1(4PK5)1 浦和|激闘の末浦和が13年ぶり2度目のリーグカップ制覇!

 ルヴァンカップ決勝戦、G大阪はPK戦の末、浦和に敗れ、惜しくも準優勝となった。
 
 この試合にフル出場した今野は試合後のインタビューで、「(内容は)思ったより悪くなかった。しょうがないですね、PKは」と、淡々とした口調で話していた。
 
 さらに『勝ち切るには何が足りなかったか』という質問に対して、「実力ですね」とあっさり回答。あっけらかんとした口ぶりが印象的だったが、話が進むにつれて、次第にヒートアップしていく。
 
「相手も点を取りたいという気持ちで来ていて、ボールを取った時にすごいスペースがあったし、チャンスが作れそうだなとずっと思っていた。相手はバランスを崩してきていたから、最後の呉屋のシュートもあったし、ペナ付近にボールを運べていた。なんとかカウンターで1点取りたかったですね」
 
 そう試合を振り返った今野だが、長谷川健太監督が試合後の会見で「負けてこんなに清々しい負けは初めて」と話していたことを聞くと、「全然清々しくない。イライラする。俺らは勝負事には勝ちたいし、負けて良いことなんて1個もない。やっぱり歴史に名を刻みたかった」と敗戦に悔しさを滲ませた。
 
取材・文:多田哲平(サッカーダイジェストWEB編集部)