[ルヴァン杯決勝] G大阪1(4PK5)1 浦和/10月15日/埼玉スタジアム2002
 
「考えていた以上に、半分くらいの選手がミシャ(ペトロビッチ監督)に向かっていたから、『周ちゃん(西川周作)と(遠藤)航をほったらかしにするのは失礼やろ』と。でも、ベンチからこっちに走ってきている選手もいたから」
 
 広島時代から“ミシャ・チルドレン”として寵愛を受けた柏木陽介は、集まった大勢の記者の笑いを誘うような言葉を投げ掛けた。
 
 ただ、当事者として冷静さを保って優勝の景色を眺めていたわけではない。ベンチ前で指揮官と「言葉なく」抱擁を交わしたし、誰よりもタイトルを届けたかっただけに、万感の想いが去来したに違いない。
 
「泣くと思ってなかったけど……涙が出てきたね。浦和にはタイトルを獲りに移籍してきたわけだから。それをやっと成し遂げられた」
 
 しかし、喜びに浸るのも当日だけだ。「(優勝を)遅かったなと感じている。これをきかっけにポンポンポンとタイトルを獲れるようなチームになっていく。この優勝は成長の証のひとつ」と次を見据えている。
 
 年間勝点1位、チャンピオンシップ制覇、その先に続く常勝への道を、稀代の司令塔と浦和は歩み始めた。
 
取材・文:古田土恵介(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTOギャラリー】浦和がPK戦を制し13年ぶり2度目の戴冠