[ルヴァン杯決勝] G大阪1(4PK5)1 浦和/10月15日/埼玉スタジアム2002

 ルヴァンカップの決勝戦は、延長戦を戦い終えても決着がつかずにPK戦に突入した。GKにとっては、まさに勝因にも敗因にもなる運命の時だ。そこで、G大阪4人目の呉屋大翔のキックをセーブしてヒーローの座を掴んだのが、浦和のGK西川周作だった。
 
 西川にとって、この決勝戦が今大会の初出場だった。なぜなら、浦和はACLに出場したことで予選ラウンドが免除され、準々決勝と準決勝は日本代表のゲームと重なる日程で開催されたからだ。浦和が決勝に進出するまでの4試合、ピッチに立っていたのは背番号15のGK大谷幸輝だった。
 
 浦和の正GKが西川であることは、誰の目にも明らかだろう。日本代表でもゴールを守る実力者の陰に隠れる形で、大谷はこのルヴァンカップの準々決勝・神戸戦の第1戦が今季の公式戦初出場だった。
 
「優勝できる力のあるチームだけど、決勝まで代表選手がいない。そのなかで、僕がしっかりやらなきゃいけない。決勝までしっかり行って、優勝してみんなで喜びたい」
 
 そうした思いを胸に、大谷は4試合を戦った。神戸戦では失点につながってしまったプレーもあったが、その一方でFC東京との準決勝・第1戦では相手MF中島翔哉と1対1になった場面で、最後まで動くことなくシュートに反応して足で弾き出した。第2戦でもファインセーブを見せて、浦和のゴールを守った。本人は「僕が決勝に連れてきたなんてはとても(笑)。みんなで頑張った結果だと思うので」と謙遜したが、彼がいたからこそ埼玉スタジアムでの決勝戦を迎えられたのは間違いない。
 
 そして、その4試合でベンチ入りした岩舘直も「スタジアムに入って、ウォーミングアップだけだったとしてもスタンドにサポーターがいて。そういう空気感の中でモチベーションは上がるし、アドレナリンが出て身体も動くようになる。そうすると、トレーニングでもまた刺激が入りますし、貴重だし大事だなって思うんですよ」と、公式戦の大切さを実感していた。
 
 だからこそ、決勝のピッチに立つ西川は試合前日にこう話していた。

【ルヴァン杯決勝 PHOTO】G大阪 1(4PK5)1 浦和|激闘の末浦和が13年ぶり2度目のリーグカップ制覇!
 
「ベスト8から勝ち上がってくれたので、責任を果たさなければ申し訳ない。みんなの頑張りがあってのファイナルですから」
 
 そして迎えた決勝戦、PK戦に突入したゴールマウスに立つ西川をピッチの外でチームメートと肩を組んで見守っていた大谷は、託す気持ちでいたと話した。
 
「PKになったら、シュウ君(西川)にも思う気持ちがあったはずだし、『頼んだ』って気持ちですよね。やっぱりGKが止めれば勝つわけですし。止めた瞬間は、もうガッツポーズですよ!」
 
 サッカーという競技の中で、手を使える唯一の存在であるGKは、どのチームでも特別なトレーニングを積む。浦和のように相手から攻め込まれることが少ないチームであっても、勝負を分ける1本のシュートを止めるために、何度となく身体を投げ出していく。専用のフィジカルトレーニングも、見ているだけでも過酷さが伝わってくるものだ。
 
 だからこそ、浦和のトレーニングに足を運ぶと、本当にチームの中に“もう一つのチーム”があるように感じられる。土田尚史GKコーチの下で3人は常に高め合い、お互いを信頼してトレーニングに励んできた。
 
 西川は、その思いを「僕の力でここの場所に立っているわけではないので、GK陣と(土田)尚史さんと勝ち取った今日のPKです。4人でまた明日から頑張りたい」と表現した。大谷も「僕らGKに絆はありますよ」と、嬉しそうに顔をほころばせた。
 
 試合後の歓喜に沸くピッチでは、土田コーチ、西川、大谷、岩舘の4人が肩を組んで笑顔になっている瞬間があった。浦和と言えば誰もが思い浮かべる赤のユニホームを彼らが身に着けることはない。だが、それもまたひとつの団結の象徴のようにすら感じられる。その思いが結実したかのようなPKストップが、浦和に歓喜の瞬間を呼び込んだ。
 
取材・文:轡田哲朗(フリーライター)