1−1の引き分けで勝点を分け合ったアウェーのオーストラリア戦は、戦術というよりも、戦略について、議論を巻き起こしている。あまりに消極的である、と。

 ポゼッションを捨てた日本のカウンター戦術は、敵味方を問わず、驚きを与えた。勝つに越したことはないが、流れの中では引き分けOKとするゲーム戦略を、ハリルホジッチは選択した。

 是非は後に回すが、そのゲーム戦略を完遂するための戦術は、明確だった。

 システムは、4−4−2と4−3−3を併用。最初は4−4−2で入り、本田圭佑と香川真司のふたりがセンターサークルの先端辺りから、相手CBとアンカーに第1プレスをかける。カウンター戦術とはいえ、ある程度の高さから守備を始めるため、立ち上がり5分の原口元気のゴールに見られる“ショートカウンター”の発動に成功した。
 
 そして、オーストラリアが第1プレスを回避し、中盤に侵入する展開では、香川が1列下がり、4−3−3に移行する。こちらは日本の全員が自陣に引く形だ。そして後半の早い時間帯には、最初から4−3−3で引く形を作り、安定を重視。オーストラリアの攻撃を、自陣で受け止めた。
 
 必然、日本の攻撃はロングカウンターになるため、早期に本田圭佑を浅野拓磨に代えたり、あるいは齋藤学を投入したりすれば、カウンターの威力を補正できたはず。しかし、同時にセットプレーやクロスなど、空中戦に対する脆弱性が増す。ハリルホジッチは、そのリスクを受け入れなかった。本田や小林悠を長くピッチに残した。
 
“勝てる試合だったのに”と見えてしまうのは、日本のリアクション戦術がはまっていたからに他ならない。仮に勝ちに行けば、上記のリスク要因から新たなピンチを迎え、勝つ可能性とともに、負ける可能性も高まっていた。その結果どうなるかは、神のみぞ知る。
 
 そして、この引き分けをOKとするには、最終予選の折り返し地点となる次戦のホームのサウジアラビア戦に勝ち、1〜2位と勝点で並ぶことが条件だ。オーストラリア戦で勝ちに行かなかったのは、次戦に勝負をかけたということ。試合単体ではなく、最終予選という線で考えれば、アウェーのオーストラリア戦で引き分けを望んだ戦略は、なんら不思議ではない。

 ホームとアウェー、対戦相手の特徴、コンディションを加味し、試合ごとにゲーム戦略を変える。カメレオン型のハリルホジッチの特徴を考えるなら、むしろオーストラリア戦は、真骨頂とも言うべき内容だった。
 もちろん、「ハリルホジッチの戦略が消極的」という批判はあるし、気持ちは分かる。「毎試合勝ちに行け」と、不満を抱える人は少なくなさそうだ。
 
 しかし、そもそもなぜ、このタイプの監督が日本代表を率いているのか。それは2014年のブラジルワールドカップ敗退に端を発する。
 
『自分たちのサッカー』が通用しないとき、それ以上の選択肢がなかったザックジャパン。コンディショニングにも失敗し、100パーセントでプレーできなかった。
 
 1−2で逆転負けした初戦のコートジボワール戦を思い返すと、相手は両SBを高い位置へ上げ、特に香川真司が守る左サイドから、アーリークロスの乱れ打ちで仕掛けてきた。日本は防戦一方だった。今回のオーストラリア戦とは異なり、ゲーム戦略として確信を持って守ったわけではない。ボールを持てず、運べず、やりたいことが出来ないまま、仕方なく守らされ、2点を失って逆転された。
 
 あの2014年を経て、今がある。ザッケローニの後任選びは、柔軟に戦術を使い分けること、ワールドカップで実績のある監督という条件が意識された。アギーレ、ハリルホジッチの就任も、ブラジル大会の反省がベースになっている。

 当時、『自分たちのサッカー』は散々に批判された。今の日本代表が、相手に合わせるカメレオン系の監督に率いられることは、むしろ自然な流れなのだ。
 
 もしかすると、2014年を反省しすぎて、こうなったのかもしれない。たとえば『自分たちのサッカー』、やってダメなら、もっとやれ、と。コンディショニングは反省するが、日本のサッカーに適した戦術を極める監督については、継続しようと。そんな発想なら、ハリルホジッチにはならなかった。不満があるなら、それは本人というより、当時の反省の仕方に問題があった、と見たほうがいい。
 
 個人的には、今までとは方向性の違うハリルホジッチが率いる日本を見届けたい。あれがダメ、これがダメと、もぐら叩きを繰り返しても何も残らないからだ。
 
 正直なところ、ハリルホジッチへの信頼は、UAE戦で大きく崩れたのだが、このオーストラリア戦では少し持ち直した。ゲーム戦略と実行戦術が、きちんとシンクロした試合だったことを評価したい。

取材・文:清水英斗(サッカーライター)