[U-17女子ワールドカップ準決勝]日本3−0スペイン/現地10月17日/ヨルダン

 リトルなでしこが現地10月17日、ヨルダンで行なわれているU−17ワールドカップの準決勝でスペインを下し、決勝進出を果たした。スコアは3−0。着実にゴールを重ね、快勝した。
 
 先制点が生まれたのは14分のことだ。左サイドを抜け出した冨田実侑のグラウンダーのクロスを、中央の高橋はながスライディングで合わせて先制。鮮やかな攻撃で牙城を崩した。
 
 その後は、スピーディなスペインの攻撃に苦しめられたが、GK田中桃子が決定的なピンチを二度のファインセーブでしのぐ。日本の1点リードで前半を折り返した。
 
 後半の立ち上がりにもリズムを掴んだリトルなでしこは、正確なパスワークで右サイドを崩し、冨田がペナルティエリア内に侵入してクロスを供給。これがスペインのオウンゴールを誘ってリードを2点に広げた。
 
 さらに74分には中央をパスワークで崩し、最後はエリア内に侵入した高橋がPKを獲得。これを高橋が中央に沈め、決定的な3点目を奪った。
 
 結局、そのまま3−0で試合は終了。リトルなでしこがスペインを下し、世界の頂点を懸けた決勝に進んだ。決勝は現地10月21日20時(日本時間22日深夜2時)にキックオフ。相手は準決勝でベネズエラに3−0で勝利した北朝鮮だ。