ジュビロ磐田の2017シーズン新体制発表記者会見が1月13日、ヤマハスタジアムで行なわれた。通算13シーズンに渡りプレーした横浜から加入した中村俊輔ら7選手(ムサエフは19、20日頃に合流)が抱負を語った。
 
 新加入選手や名波監督、服部強化部長らと登壇した中村は、まず次のように磐田での決意を語った。
 
「38という難しい年齢での決断でした。魅力あるクラブであり、服部さん、名波さんが門を開けて待っていると言ってくれている状態にしてくれて、そこで自分も挑戦してみたいと決めました」
 
 スタジアムの記者会見場には100人ほどが詰めかけた。その人いきれを、磐田の新10番はさっそく感じ取っていた。
 
「期待は十分に分かっています。あとはピッチで結果を残すこと。ジュビロのサポーターから、『あいつを獲って間違いがなかった』と思われるように、勝点をひとつでも多く積み重ねていきます」
 
 また、磐田の歴史について聞かれた中村は、ジュビロイズムという言葉を使って、想いを語った。
 
「僕が若い頃は、名波さんをはじめ代表選手が多い黄金時代。スター軍団がやっている感覚で、勝てない試合が多く、歯が立ちませんでした。今、そのチームに入れて、不思議な気持ちです。ジュビロイズムを身体に感じて染み込ませて、グラウンドで発揮していきたいです」
 
 また、現役時代の印象について聞かれた名波監督と中村は、この移籍に結び付いた背景とも言える、非常に興味深いことを語っていた。
 
 名波監督は中村について、次のように語った。
 
「お互いシャイボーイ同士で、部屋を行き来することもなく、ピッチ上以外ではそこまで絡んでいなかった。ただ僕は、年齢も、先輩後輩も、社会的地位も関係なく発言してきて、その中で、年下でも俊には尊敬の念を抱いていた。子どもの頃からの変わらない揺るがぬサッカーへの情熱を、ひしひしと感じていた」
 
 そして監督と選手という立場になった以上、中村について「息子だ」と強調した。
 
「僕の手元にいる以上は、全員が息子。そう振る舞うので、そういうふうに接してきてほしい。これはクラブ的なスタンスでもあるが、外的要因が降りかかってきても、守る自信があります」
 
 その指揮官の期待を受け止めるように、中村は次のように応えた。
 
 中村は次のように語った。

「(名波監督が)ジュビロでプレーされていた頃、サッカーをよく知っていると思いました。余計なタッチがなく、後ろからも前からも見えている印象があった。日本代表では、トルシエ時代のアジアカップが印象に残っています」
 
 そのように日本代表が優勝を果たした2000年のサウジアラビア大会について振り返った。
 
「僕が中盤の左サイド、名波さんはボランチでプレーしていました。監督の指示がなくても、名波さんはポジションチェンジを自然としてくれた。僕がサイドでやっているストレスを感じ取り、僕が中でプレーできるようにしてくれて。そのように自分のプレーを出すだけではなく、メンタル面まで見えていた。そういった他の選手とは異なる、見えないところで差を出していたように思います」
 
 まさに以心伝心といえるつながり。そのようにふたりのレフティは目には見えないところで、通底しながらプレーしていたと言うのだ。
 
「あとはバスで移動する際、後ろからミスチルの歌が聞こえてきて、あれスピーカーか? と思ったら名波さんが歌っていたんです。本物かと間違えるぐらい、上手かった(笑)。僕にとってお兄さんであり、お父さん。そういった信頼関係を、どんどん作っていきたいと思います」
 
その信頼関係が、磐田の新たなパワーになることは間違いない。
 
川又、高橋、松本ら新加入選手のコメントは次のとおり。
 
川又堅碁(←名古屋/FW)
「たくさん点数を獲ります。俊さんからしっかりいいボールが来るように、僕も努力するので、よろしくお願いします。高校生の時に(磐田に)練習参加した時から、すごいチームだと思っていました。高校時代の恩師の教え子に福西さんがいて誇りにしていたり、ゴン(中山雅史)さんがここで4試合連続ハットトリックをしていたり、魅力のあるチームだと思っています」
 
松本昌也(←大分/MF)
「自分自身、新たな挑戦ですし、選手としても、人間的にも成長し、ジュビロの力になれるように全力で努力します。憧れの選手が多い、そういうチームに入れたことが幸せですし、このクラブで持っているものを出して、チームに貢献したい気持ちでいっぱいです」
 
藤川虎太朗(←東福岡高/MF)
「一日も早く試合に出て、点を決めたいです。両親からは歴史のあるチームだと言われているので、それに恥じないプレーを見せていきたいです」
 
針谷岳晃(←昌平高/MF)
「持ち味であるパスやボールを失わないところを発揮し、チームに貢献したいです。歴史については、ちょっとずつ調べていったらすごく強かったことを知りました」
 
三浦龍輝(←長野/GK)
「一日も早くチームの力になれるように日々努力していきます。スター選手が多いチームに加われて嬉しく思うと同時に、これから僕もそのチームで力になっていきたいと思っています」
 
高橋祥平(←神戸/DF)
「DFなので、失点を少なくするように日々努力して、チームに貢献したいと思います。クラブの歴史の恥じないように頑張りたいと思います」
 
 
新背番号は以下のとおり。★は新加入。
 
ポジション 背番号 名前 生年月日
GK 
1  八田直樹 86.06.24        
21 カミンスキー 90.11.26    
31 志村 滉 96.04.27           
36 三浦龍輝 92.05.17★
DF 
2  中村太亮 89.07.19
3 大井健太郎 84.05.14                      
5 櫻内渚 89.08.11 
18  小川大貴 91.10.16        
25  大南拓磨 97.12.13        
33 藤田義明 83.01.12         
35 森下俊 86.05.11
41  高橋祥平 91.10.27★
MF 
7 上田康太 86.05.09           
8  ムサエフ 89.01.02★
9 太田吉彰 83.06.11           
10 中村俊輔 78.06.24★        
11 松浦拓弥 88.12.21           
13 宮崎智彦 86.11.21           
14 松本昌也 95.01.25
15 アダイウトン 90.12.06    
17 清水貴文 92.06.30          
22  松井大輔 81.05.11         
23 山本康裕 89.10.29           
27 荒木大吾 94.02.17          
26 藤川虎太朗 98.07.24★
30 上原力也 96.08.25          
34 針谷岳晃 98.10.15          
40 川辺 駿 95.09.08
FW 
16  齊藤和樹 88.11.21          
18 小川航基 97.08.08
20 川又堅碁 89.10.14★

取材・文:塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)