1月11日、デンカビッグスワンで行なわれた新潟の新体制発表記者会見には、中野幸夫代表取締役、三浦文丈新監督、そして新加入選手、新たなコーチングスタッフが出席した。
 
 当日、ブラジルから来日した新助っ人のホニは不参加だったが、昨シーズン加入後すぐに水戸に期限付き移籍していたロメロ・フランクを含め、紹介された選手は総勢13人。チーム編成も35選手からなる大所帯で、ここ数シーズンは28人前後だったことを考えると、チームが大きく変わろうとしていることがうかがえる船出となった。
 
 注目ポイントは豊富だ。総入れ替えしたブラジル人選手をはじめ、栃木から本間勲、名古屋からは矢野貴章と新潟をよく知るベテランが復帰。さらにU−19代表でもある市立船橋高出身の原輝綺ら才能豊かなルーキーなど、非常に?分厚い″チーム構成となっている。
 
 三浦新監督が掲げるのは、エネルギッシュでアグレッシブなサッカーだ。指揮官は「粘り強い守備からの素早い攻撃、攻守ともスピーディなサッカーを目指して戦っていきたい」と語った。相手を上回る速さでゴール前に攻め込み、素早く帰陣して守備をオーガナイズし、ゴールを守る。新潟が本来持っているスタイルに非常にマッチした戦い方だと言える。
 
 浦和に移籍したラファエル・シルバに代わり、10番を背負うチアゴ・ガリャルドは、「社長や監督の話を聞いて、前に向かう意味を僕が体現しないといけないと感じた。遊ぶために日本に来たわけではない。全力を尽くしたい」と意気込む。
 
 自身、3度目の加入となる矢野は、「本当に縁があり、また新潟でプレーできることを嬉しく思います。新潟は皆さんからの期待が大きなチーム。それに結果で応える」と、これまでの経験も生かしながらチームに貢献することを誓った。
 
 2年連続で年間15位と低迷する新潟。陣容を一新して、飛躍を期す。

■2017年メンバーリスト ★=新加入
GK 1 大谷幸輝 ★
   21 守田達弥
   22 川浪吾郎
   31 稲田康志 ★
DF 2 大野和成
   3 増田繁人
   4 ソン・ジュフン ★
   5 前野貴徳
   19 矢野貴章 ★
   24 川口尚紀 ★
   25 長谷川巧 ★
   26 酒井高聖 ★
   27 堀米悠斗 ★
   28 早川史哉
   33 西村竜馬
   50 富澤清太郎 ★
MF 6 ジャン・パトリック ★
   8 小泉 慶
   10 チアゴ・ガリャルド ★
   13 加藤 大
   15 本間 勲 ★
   17 伊藤優汰
   18 成岡 翔
   20 端山 豪
   23 酒井宣福 ★
   29 森 俊介 ★
   30 ロメロフランク ★
   34 原 輝綺 ★
FW 7 ホニ ★
   9 山崎亮平
   11 指宿洋史
   14 田中達也
   16 平松 宗 ★
   32 河田篤秀 ★
   49 鈴木武蔵

取材・文:大中祐二(ライター)