第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会3回戦の12試合が22日に各地で行われた。


 2回戦で松本山雅FC(J2)に勝利したJFLのHonda FC(静岡県代表)は、ベガルタ仙台(J1)を破ったJ3グルージャ盛岡(岩手県代表)と対戦。試合は1−1で迎えた後半アディショナルタイム4分、数的優位となったHonda FCのDF中川裕平が値千金の決勝ゴールを挙げ、劇的勝利で4回戦進出を決めた。


 唯一のJ1勢対決となった大宮アルディージャジュビロ磐田の一戦は、前半から大宮が圧倒。MF泉澤仁の2ゴールを含む5得点を挙げ、磐田を粉砕した。


 その他、川崎フロンターレ(J1)と横浜FC(J2)、柏レイソル(J1)は延長戦を制してベスト16進出。ヴィッセル神戸(J1)はPK戦でモンテディオ山形(J2)を下した。


 4回戦からはいよいよAFCチャンピオンズリーグに出場したサンフレッチェ広島、ガンバ大阪、浦和レッズ、FC東京が登場する。10月4日に3回戦を勝ち上がった12チームを合わせた全16チームによる組み合わせ抽選が行われ、対戦カードが決定。試合は11月9日及び12日に開催される予定だ。


■天皇杯3回戦結果


グルージャ盛岡(岩手県代表) 1−2 Honda FC(静岡県代表)

アルビレックス新潟(J1) 1−0 レノファ山口FC(J2)

大分トリニータ(大分県代表) 0−1 清水エスパルス(J2)

鹿島アントラーズ(J1) 2−1 ファジアーノ岡山(J2)

ヴィッセル神戸(J1) 3−3(PK:5−3) モンテディオ山形(J2)

大宮アルディージャ(J1) 5−0 ジュビロ磐田(J1)

横浜F・マリノス(J1) 4−0 東京ヴェルディ(J2)

川崎フロンターレ(J1) 4−1 ジェフユナイテッド千葉(J2)

湘南ベルマーレ(J1) 4−0 徳島ヴォルティス(J2)

AC長野パルセイロ(長野県代表) 2−3 横浜FC(J2)

柏レイソル(J1) 1−0 愛媛FC(J2)

サガン鳥栖(J1) 2−0 セレッソ大阪(J2)


■4回戦進出チーム

Honda FC(静岡県代表)

新潟(J1)

清水(J2)

鹿島(J1)

神戸(J1)

大宮(J1)

横浜FM(J1)

川崎(J1)

湘南(J1)

横浜FC(J2)

柏(J1)

鳥栖(J1)

広島(J1)

G大阪(J1)

浦和(J1)

FC東京(J1)