リーガ・エスパニョーラ第5節が22日に行われ、バレンシアとアラベスが対戦した。


 開幕4連敗で最下位に沈むバレンシアは20日、パコ・アジェスタラン監督との契約解除を発表。コーチのサルバドール・ゴンサーレス・マルコ氏(通称ボロ氏)が暫定監督を務め、新体制での初戦に臨んだ。


 是が非でも勝利が欲しいバレンシアは28分、左サイドでボールを持ったホセ・ルイス・ガヤのクロスがファーサイドへ飛ぶと、クリアを試みたアラベスのビクトル・ラグアルディアのヘディングがゴールへ。バレンシアがオウンゴールで先制に成功した。


 幸運な形でリードを奪ったバレンシアだが、前半のうちに同点に追いつかれた。45分、右CKからガイスカ・トケーロにヘディングシュートを決められ、前半は1−1で終了した。


 バレンシアはハーフタイム明けにサンティ・ミナを投入して攻撃陣の活性化を図ったが、後半は1−1のまま推移。エリアカン・マンガラのヘディングシュートが右ポストに阻まれるなどチャンスを活かせず、試合は終盤へ突入した。


 すると88分、左サイドからドリブル突破でペナルティーエリア左角に入ったザカリア・バカリが相手DFに倒されてPKを獲得。バレンシアにとっては願ってもない勝ち越しのチャンスが訪れた。


 キッカーはダニエル・パレホ。スタジアムが緊張感に覆われたが、背番号「10」は落ち着いてゴール左隅へ決めた。


 試合は2−1で終了。バレンシアが競り勝ち、今シーズン初勝利を収めた。1勝4敗の勝ち点3で18位まで順位を上げている。次節は25日、レガネスとアウェーで対戦。一方のアラベスは次節、26日にグラナダをホームに迎える。


【スコア】

バレンシア 2−1 アラベス


【得点者】

1−0 28分 オウンゴール(ビクトル・ラグアルディア、アラベス)

1−1 45分 ガイスカ・トケーロ(アラベス)

2−1 88分 ダニエル・パレホ(PK)(バレンシア)