イングランドサッカー協会(FA)は3日、2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選2試合に臨むイングランド代表からMFラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)が負傷離脱し、MFアンドロス・タウンゼント(クリスタル・パレス)を追加招集すると発表した。


 タウンゼントは1991年生まれの25歳。国際Aマッチでは通算11試合出場3ゴールを記録している。今シーズンからクリスタル・パレスでプレーし、背番号「10」を着用。プレミアリーグ第7節終了時点で全7試合に出場し、1ゴールを挙げている。


 イングランド代表はユーロ2016終了後にロイ・ホジソン前監督が辞任。新指揮官に就任したサム・アラダイス氏は不祥事発覚により、わずか1試合の指揮で辞任することとなった。U−21同国代表指揮官のガレス・サウスゲート氏が暫定監督を務め、新たなスタートを切る。


 W杯欧州予選グループステージ第1節でスロヴァキア代表を破り、白星発進となったイングランド代表。今月8日の第2節ではマルタ代表と、11日の第3節ではスロヴェニア代表と対戦する。