2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の第3節が6日に行われ、日本代表はイラク代表に2−1で勝利した。試合後、値千金の決勝ゴールを挙げたMF山口蛍がコメントを残している。


 FW原口元気のゴールで先制しながらも、FKから同点ゴールを叩き込まれた日本。この日26歳の誕生日を迎えた山口は、1−1の状況でヴァイッド・ハリルホジッチ監督からピッチへ送り出された。


 「すごく厳しい流れやったんで、自分は何かしなくちゃいけないっていう思いでずっといました」と途中出場した時の心境を振り返った山口。同選手はボランチに入り、MF長谷部誠とともに中盤を構成した。


 すると同点のまま迎えた後半アディショナルタイム5分、FKのセカンドボールに反応した山口が右足を振りぬくと、ボールはゴール左下へ突き刺さった。山口は、「いつもやったらふかしてしまうところがなんか入ってしまって本当にホッとしています。結果に繋がって良かったと思います」とコメント。値千金のバースデーゴールを喜んだ。


 イラクを下した日本は11日、敵地でオーストラリアと対戦する。重要な一戦に向けて山口は、「とにかく勝ち進んでいかなくてはいけないと思いますし、勝ち点を積み重ねていくしかないと思います。次もしっかり結果を出したいと思います」と強敵撃破に意気込んだ。