2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選第2節が7日に行われ、グループAではフランス代表とブルガリア代表が対戦した。


 9月6日の第1節ではベラルーシとスコアレスドローに終わったフランス。予選初勝利を目指して臨む今節、先発メンバーにはGKウーゴ・ロリスやラファエル・ヴァラン、アントワーヌ・グリーズマン、ケヴィン・ガメイロらが名を連ねた。


 開始早々、均衡を破ったのはブルガリアだった。バカリ・サニャのファウルで得たPKをミハイル・アレクサンドロフがゴール左隅へ決め、先制に成功した。


 ホームでビハインドを負ったフランスは23分に反撃。失点を招いてしまったサニャが右サイドをオーバーラップしてクロスを上げると、ゴール前に走り込んでいたガメイロがダイビングヘッドをゴール左隅へ決めた。


 同点に追い付いたフランスは一気にたたみ掛ける。3分後、左サイドからパイェが右足でクロスを上げると、ゴール方向へ飛んだボールは中央の選手には合わなかったが、そのままゴールネットを揺らした。さらに38分には、相手のパスミスを拾ったグリーズマンがペナルティーエリア手前から左足シュート。グラウンダーのボールがゴール右隅へ決まり、スコアは3−1となった。


 2点リードで迎えた後半、フランスは59分に4点目を記録。ペナルティーエリア左側でパスを受けたグリーズマンがグラウンダーのボールをゴール前へ供給すると、走り込んだガメイロがワンタッチで押し込んだ。


 試合は4−1で終了。開始早々に失点したフランスが4ゴールを奪ったブルガリアに快勝し、予選初白星を収めた。フランスは1勝1分けの勝ち点4でグループ2位となっている。次節は10日、オランダとアウェーで対戦する。


 一方、1勝1敗となったブルガリアは次節、10日にスウェーデンとのアウェーゲームに臨む。


【スコア】

フランス代表 4−1 ブルガリア代表


【得点者】

0−1 6分 ミハイル・アレクサンドロフ(PK)(ブルガリア代表)

1−1 23分 ケヴィン・ガメイロ(フランス代表)

2−1 26分 ディミトリ・パイェ(フランス代表)

3−1 38分 アントワーヌ・グリーズマン(フランス代表)

4−1 59分 ケヴィン・ガメイロ(フランス代表)