2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選第2節が8日に行われ、グループCでドイツ代表とチェコ代表が対戦した。


 先月、FWトーマス・ミュラー(バイエルン)の2ゴールなどでノルウェーを下し、ワールドカップ欧州予選で白星スタートをきったドイツ。今節はホームにチェコを迎え、連勝を目指した。先発にはキャプテンを務めるGKマヌエル・ノイアー(バイエルン)が名を連ねたほか、前線にミュラー、MFマリオ・ゲッツェ(ドルトムント)、MFメスト・エジル(アーセナル)らが並んだ。


 試合開始から13分、ドイツが先制に成功する。左サイドでドリブルを仕掛けたゲッツェがグラウンダーのクロスを上げると、エジルが流し、最後はミュラーが右足インサイドで丁寧なシュート。するとこれがゴール左下へ突き刺さり、ネットを揺らした。


 勢いに乗るドイツは23分、エリア左でエジルからパスを受けたユリアン・ドラクスラーがDFをかわしてシュート。しかしボールは枠をとらえることができなかった。


 31分には左サイドをミュラーとのパス交換で崩したゲッツェがGKトマーシュ・ヴァツリークとの1対1を迎える。ゲッツェは右足でチープシュートを放つが、これはわずかにポスト右へ外れた。1−0でハーフタイムを迎える。


 後半に突入して49分、トニ・クロースがジョシュア・キミッヒからの横パスをエリア外でダイレクトシュート。これにGKヴァツリークが反応するも及ばず、ボールはゴール右下へ吸い込まれた。ドイツがリードを2点に広げる。


 さらに65分、ドイツは左サイドを駆け上がったヨナス・ヘクターがゴールライン際から低弾道のクロスを供給。これに走りこんだミュラーが左足で合わせ、ゴールへ叩き込んだ。


 試合はこのままタイムアップ。終始試合を支配したドイツが危なげなく勝利をつかんだ。


 次節は11日、ドイツは北アイルランドと、チェコはアゼルバイジャンとそれぞれホームで対戦する。


【スコア】

ドイツ代表 3−0 チェコ代表


【得点者】

1−0 13分 トーマス・ミュラー(ドイツ代表)

2−0 49分 トニ・クロース(ドイツ代表)

3−0 65分 トーマス・ミュラー(ドイツ代表)