バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは来年で30歳になる。


 現在の契約は2018年までとなっており、クラブにとってその延長はプライオリティの高いミッションといえる。


 延長にこぎ着ければメッシとバルセロナにとって8度目の契約更新となるようだが、これまでにはなかった条項が含まれる可能性があるという。


 スペイン紙『アス』が伝えた内容によると、それは「退団条項」だとされている。


 メッシには将来的に古巣である故郷のニューウェルスに戻りたいという意思があり、その時が来たら退団を認めるよう、バルセロナ側に要求しているとのことだ。


 ただ、そのための条項を盛り込むように求めているメッシだが、退団するのはキャリア終盤ということで、近い話ではないと見られている。


(記事提供:Qoly)