2018 FIFAワールドカップロシア 欧州予選第3節が9日に行われ、アルバニア代表とスペイン代表が対戦した。


 2連勝で首位に立つアルバニアを2ポイント差で追いかけるスペインは、アンドレス・イニエスタやダビド・シルバらが先発起用された。


 試合は前半をスコアレスのまま終えると、55分にスペインのゴールで動く。相手GKのパスを前線でカットしたチアゴがエリア内にスルーパスを通し、抜け出したシルバがゴール前へラストパス。これをジエゴ・コスタがダイレクトでゴールへ流し込んだ。


 先制に成功したスペインはさらに63分、左サイドからドリブルを仕掛けたノリートがエリア内に侵入。右足で放ったグラウンダーのシュートがゴール右隅に決まり、リードが広がった。


 その後は追加点こそ奪えなかったが、このまま2−0でタイムアップを迎え、上位対決を制したスペインがグループGの首位に浮上している。


 次節、アルバニアは11月12日にイスラエル代表と、スペインは同日にマケドニア代表と、それぞれホームで対戦する。


【スコア】

アルバニア代表 0−2 スペイン代表


【得点者】

0−1 55分 ジエゴ・コスタ(スペイン)

0−2 63分 ノリート(スペイン)