11日に行われる2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選のオーストラリア代表戦に向け、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が前日会見に出席。「オーストラリアが最も強いチームだとしても、我々は準備をしたい」と話した。


 現在グループBで首位に立ち、アジア最強と位置づけるオーストラリアとの対戦だが「各チームに弱点はある。この弱点については選手にも伝えたし、明日のためにしっかり準備をしてきた」と、対策を練っていることを明かしたハリルホジッチ監督。一方で、相手の前線からのプレスとフィジカル面を警戒している。


「オーストラリアは高い位置でプレスをかけてくる可能性もある。まずこのチームは海外でやっている選手が多いので、フィジカル的にもかなり強い。そして、彼らのホームだ。ホームでやるチームはいつも以上にプレッシャーをかけてくる傾向にある。今のところ、我々はまだこういうシチュエーションでプレーしていない。そのことに関しても選手にスピーチをして、びっくりするなと伝えている」


 日本はDF酒井宏樹マルセイユ)が出場停止、DF長友佑都インテル)がケガですでにチームから離脱。さらにFW岡崎慎司(レスター)も足首を負傷と、苦しい状況に立たされている。だが、指揮官は「フィジカル面では良くなっている」と自信を覗かせた上で、「言い訳はしない」と皮肉を交えて話した。


「いない選手に関しては、もちろんハンディキャップはある。ケガもある。だがメディアのみなさんがよく言う言い訳はしない。私は困難だとも思わないし、選手はしっかり準備をしてくれている。勇気を持って、この大きな仕事を成し遂げたい」


 続けてハリルホジッチ監督は、「試合に勝っても批判される。ただ、この批判は誇りを持って受け止めている」と苛立ちを見せると、劇的勝利を飾った6日のイラク戦について「我々は勇気で勝った。日本に関して、勇気で勝ったことはもしかすると新しいことかもしれない。だが、勝ったとしても喜んでいる人は少ないのかなと思う。そういう人に関してはごめんなさいと言うしかない。何人かの人は日本が一番強いと思っているが、そうではない」と話した。


 そして、「キーとなる選手が、いろいろなものが足りない状況だ。最初の試合、それから2試合目に関しても、我々が期待しているレベルにはまだなっていない」と、中心選手として期待していた選手の状態がベストではないことを嘆くと、通訳が話し終えるよりも先に、「本当に1年前にもしこの状況がわかっていれば。どういう状況かと言うと、海外組15人のうち12人が先発していない。プレーしている選手を選ばないといけないという話は思っていたが」と述べ、会見場を後にした。