元ブラジル代表FWロナウジーニョが10日、自身のインスタグラムを更新。今年12月に来日し、群馬県で開催されるイベントに参加することを明かした。


 ロナウジーニョはポルトガル語と日本語で文章を綴り、「みなさん、12月には日本の会社であるショーデボーラフットボールマネジメントからのオファーを受け、群馬県でのサッカーイベントに参加します。たくさんの応援を待ってます!」と投稿。ポルトガル語での動画メッセージには「日本のみなさん、群馬のみなさん、こんにちわ 12月に日本で会いましょう!!」とのテロップが添えられている。


 イベントの詳細や日時などは明かされていないため、続報に注目が集まる。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』など複数メディアが9月7日に報じたところによれば、ロナウジーニョは2017年夏に引退する意向を持っている模様。今回発表されたイベント参加が“現役選手として”日本でプレーを披露する最後の機会になる可能性もありそうだ。