2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選第3節が10日に行われ、フェロー諸島代表とポルトガル代表が対戦した。


 7日のアンドラ代表との一戦で、クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)が4ゴールを奪うなど攻撃陣が躍動したポルトガル。今節はグループBで2位のフェロー諸島と敵地で対戦した。先発には、C・ロナウドのほか、DFペペ(レアル・マドリード)、MFアンドレ・ゴメス(バルセロナ)らが名を連ねている。


 試合開始から12分、早くもポルトガルが先制する。ジョアン・マリオの縦パスにアンドレ・シルヴァが反応。DFと競り合いながらエリア内へ進入し、そのまま右足を振りぬいてゴールを揺らした。


 続く22分、右サイドでドリブル突破を仕掛けたリカルド・クアレスマがグラウンダーのクロスを供給する。これがフェロー諸島のDFとGKに当たってこぼれると、エリア内のA・シルヴァが頭で押し込み、追加点を挙げた。


 さらにポルトガルは37分、エリア外で横パスを受けたジョアン・カンセロが右足でミドルシュート。これはGKグーナー・ニールセンに防がれるが、再びこぼれ球をA・シルヴァが詰め、リードを3点に広げた。A・シルヴァは前半だけでハットトリックを達成した。


 後半に入ってもポルトガルの勢いは止まらない。65分、ジョアン・マリオとのパス交換からC・ロナウドが左足を振りぬくと、ボールはGKニールセンが弾くものの及ばす、ゴールへ吸い込まれた。


 後半アディショナルタイム1分、右サイドでジェルソン・マルティンスからボールを受けたジョアン・モウチーニョが右足インサイドでミドルシュート。鮮やかなゴールを決め、チーム5得点目を挙げた。


 さらに後半アディショナルタイム3分には、右サイドを駆け上がったカンセロがスルーパスに反応。GKニールセンが飛び出してくるが、カンセロはそのまま右足でシュートを叩き込んだ。


 結局、6ゴールを奪ったポルトガルがフェロー諸島に圧勝。グループ2位に浮上した。次節は11月13日、ポルトガルはホームでラトビアと、フェロー諸島はアウェーでスイスと対戦する。


【スコア】

フェロー諸島代表 0−6 ポルトガル代表


【得点者】

0−1 12分 アンドレ・シルヴァ(ポルトガル代表)

0−2 22分 アンドレ・シルヴァ(ポルトガル代表)

0−3 37分 アンドレ・シルヴァ(ポルトガル代表)

0−4 65分 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表)

0−5 90+1分 ジョアン・モウチーニョ(ポルトガル代表)

0−6 90+3分 ジョアン・カンセロ(ポルトガル代表)