2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の第4戦が11日に行われ、日本代表はオーストラリア代表と1−1で引き分けに終わった。試合後、先発出場した原口元気がコメントを残している。


 最終予選で2試合連続ゴールをマークしている原口はこの試合もスタメン入り。前半開始早々の5分に、自身がボールをカットした流れからチャンスを迎え、GKとの一対一を制して先制点を記録した。しかし後半には自陣エリア内で相手選手と接触してPKを献上。これを決められて同点に追いつかれた日本は、宿敵オーストラリアとアウェーで1−1のドローに終わっている。


 得点と失点の両方に絡んだ原口が、悔しさから時折言葉を詰まらせながら試合を振り返った。ゲームを終え、「チームとして非常にいい試合をしていたので、責任を感じます。試合を見てもらえばわかるように、全員がハードワークしてましたし、勝利のために皆が頑張っていたので、本当に申し訳ないなと思います」と、失点に繋がったファウルを悔やんだ。


 先制ゴールのシーンでは、左サイドで原口がボールをカットしたところから攻撃が始まった。その後、長谷部誠、本田圭佑とボールを繋ぎ、スルーパスに反応してエリア内に抜け出した原口が冷静にネットを揺らしている。最終予選3試合連続ゴールを達成した原口は「非常に狙っていた形というか、何度も何度も監督から言われていた形が綺麗に出た」と理想的だったゴールシーンを振り返った。


 グループ首位のオーストラリアと引き分けに終わった日本は、11月15日に行われる第5戦でサウジアラビア代表と対戦する。約1カ月後に控える一戦について尋ねられると、「こういう試合ができて、尚且つああいうミスがなければ必ず勝ち点3を取り続けられると思うので、またもう1回それぞれがいいコンディションを保って、勝ち点3を取れるように準備したいなと思います」と、PKを与えたシーンを反省しつつ、次戦にむけて意気込みを述べていた。