2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の第4戦が11日に行われ、日本代表はアウェー・メルボルンでオーストラリア代表と対戦し、1−1で引き分けた。試合後、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督がコメントを残している。


 敵地での重要な一戦で、FW原口元気ヘルタ・ベルリン)の得点で先制しながらも、後半にPKから失点を許した日本。結局その後に得点は生まれず、ドロー決着となった。結果を受けてハリルホジッチ監督は、「勝ち点2を失ったという感じです」と落胆した様子。「選手は素晴らしい試合をしました」と健闘を称えつつも、「2、3回得点をとるチャンスもありました。このような試合はもう少しフレッシュさ、スピードがあれば勝てたかなと思います」と語り、勝ち越しゴールを奪えずにタイムアップとなったことを悔やんだ。


 オーストラリア戦では、FW本田圭佑ミラン)をワントップで起用。右サイドハーフにはFW小林悠(川崎フロンターレ)を抜てきし、イラク代表戦では出場機会のなかったMF香川真司(ドルトムント)がトップ下に入った。「少しサプライズを起こそうという意図でした」と起用の考えを明かしたハリルホジッチ監督。そのプレー内容については、「本田がもっとパフォーマンスが良ければこの試合勝てたと思います」と答え、所属クラブで出場機会が少ない本田に対してコンディションの改善を求めた。


「ペナルティをやられてしまったというフラストレーションはまだ溜まっています」と先月のUAE戦に続いて主審の判定へ不満を漏らした同監督。11月15日に行われる第5戦のサウジアラビア戦に向けては、「今度この試合をしっかり分析して、その後サウジアラビアについての話をしようと思います」とコメントするにとどめた。