最大のライバルであるオーストラリア代表とのアウェーゲームを引き分けで終え、香川真司(ドルトムント)は攻撃面で「大きな課題が残った」と反省を口にした。


 11日、日本代表は2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選第4戦でオーストラリアと対戦。敵地で行われた一戦は原口元気ヘルタ・ベルリン)のゴールで日本が先制したが、後半にPKで同点ゴールを許すと、このまま1−1のドローに終わった。


 アウェーゲームということもあったが、開始5分に先手を取ったことで、同点を目指すオーストラリアが次第にボールポゼッションを高め、押し込まれる時間が続いた日本。トップ下で先発した香川は、「守から攻につなぐという意味では、厳しい戦いになった。そこは改善が必要かなと思います」と、引いて守る展開からなかなか効果的な攻撃に繋げられなかった点を課題として挙げている。


 さらに攻撃について「カウンターで起点を作る以外に筋道が見えなかった」ことが大きな課題だと振り返ると、解決策として「積極的な守備」が必要だとの見解を示した。


「積極的な守備という意味で、どこから連動してチームが前に行けるのかっていう意味では、今日はたぶん前線からプレスに行ったシーンは数えるくらいだと思います。やっぱり後半あれだけラインを落とされた中で攻撃をするっていうのはなかなか厳しいっていうのを感じるゲームでした」


 それを踏まえた上で香川は、今日の試合がヨーロッパの強豪国などと戦う際の教訓になったとしつつ、アジアのライバルを相手にした戦いとしては物足りなさが残ると振り返った。


「おそらくワールドカップであったり、ヨーロッパのチームだったりと戦う意味では、こういう戦いになるんじゃないかな。逆にオーストラリアっていうアジアの中ではいいチームかもしれないけど、こういうチームに対してもっと自分たちはやらなきゃいけない。そういう意味では物足りなさをすごく感じます」


 日本の次戦は11月15日、ホームでのサウジアラビア戦となる。「必ず勝たなきゃいけないと思っている」と位置づける重要な一戦に向け、「所属クラブでの厳しい戦いで勝ち切れれば、また1カ月後、自分たちが素晴らしい結果を出せると信じています。まずは試合に出て、結果を残していけるように頑張ります」と、ドルトムントでのレギュラー奪取に意気込んでいる。