2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の第4戦が11日に行われ、日本代表はオーストラリア代表と1−1で引き分けに終わった。試合後、先発出場した吉田麻也(サウサンプトン)がコメントを残している。


 日本は最終予選で2試合連続ゴールと好調を維持している原口元気が、この試合でも開始早々に先制ゴールを奪った。しかし後半、原口が自陣エリア内で相手選手を倒してオーストラリアにPKを与えると、これを決められて同点とされる。そのまま試合は1−1で終了し、日本はアウェーで勝ち点1を獲得する結果となった。


 スタメン出場して90分間ピッチに立ち続けた吉田は、「守備に関してはうまくできていたと思うんですけど、オーストラリアもなかなか勝たせててくれないなという印象」と試合を振り返った。


 同試合では長友佑都インテル)が脳震とうにより欠場したほか、岡崎慎司(レスター)も負傷でスタメンを外れた。主力が欠けている現状については「代表チームは苦しい時期にさしかかってると思いますけど、この苦しい時期を皆で乗り越えて、またチームとして強くなって、ワールドカップの切符を掴みたいと思います」と、力強いコメントを残している。


 日本は11月15日に行われる第5戦でサウジアラビア代表をホームに迎える。次なる戦いに向けては「自分のチームで各々がしっかりコンディション整えて、万全の状態で代表チームに合流できるようにしたいです」とコメントした吉田。「またホームで勝って、いい形で今年の代表の試合を終わりたいなと思います」と、埼玉スタジアムでのサウジアラビア戦を見据えていた。