2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の第4戦が11日に行われ、オーストラリア代表は日本代表と1−1で引き分けた。試合後、指揮官を務めるアンジ・ポステコグルー監督がコメントを残している。


 試合は日本が試合開始早々に原口元気ヘルタ・ベルリン)のゴールで先制。一方のオーストラリアは後半にマイル・ジェディナク(アストン・ヴィラ)がPKを決めて同点に追いついた。そのまま試合は終了し、1−1のドローで互いに勝ち点1を持ち帰る結果となっている。


 ポステコグルー監督は「失点が早すぎたことで慌ててしまった。もっと質の高い動きをして、スペースを作り出すようにプレーし、ボールをもっと動かして、スコアボードを気にするのではなく自分たちのサッカーをするべきだったね」と、ホームで引き分けに終わった試合を振り返った。ハーフタイムには「強引にプレーしてしまうのではなく、もっと正確にプレーするように。得点経過を気にして追いつくことばかりを考えていてはいけない。自分たちのプレーをして、スコアボードではなく自分たちのことを気にしろと指示した」と明かしている。


 中盤をダイヤモンド型に配置した4−4−2のフォーメーションで試合に挑んだことについては「日本を恐れていたからではなく、そうする理由があったからだ」とコメント。その上で「正確にプレーをするとかボールを動かすといった正しいことができず、誤ったアプローチをしてしまった。特に、中盤の真ん中でそれが出来ずにボールを失い、それが不要な失点につながってしまった」と日本の先制点に繋がったボールロストを悔やんでいた。


 オーストラリアは前節のサウジアラビア戦に続き、引き分けで勝ち点1を獲得した。ポステコグルー監督は「チームとしては残念に思っている。さらに良いチームになるように進歩できていると考えていたし、相手を上回ることができると思っていた。今夜は、とにかく前半の45分を無駄にしてしまったという気持ちが大きい」とコメント。その上で「まだグループでは優位なポジションに付けている」と、楽観的な見解を示した。次戦は11月15日、タイ代表と対戦する。