2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選第10節が11日に行われ、アルゼンチン代表とパラグアイ代表が対戦した。


 第9節を終えて4勝4分け1敗、勝ち点16で5位のアルゼンチン。前々節は最下位のベネズエラを相手に、そして前節は現在8位のペルーにそれぞれ2−2で引き分け、足踏み状態に陥っている。3試合ぶりの勝利を目指すホームゲーム、先発メンバーにはマルティン・デミチェリスやハビエル・マスチェラーノらが名を連ねた。攻撃陣はアンヘル・ディ・マリア、ゴンサロ・イグアイン、セルヒオ・アグエロらが形成する。


 均衡を破ったのはアウェーのパラグアイだった。17分、自陣でのパスカットからカウンターを仕掛け、最終ラインの背後でパスを受けたデルリス・ゴンサレスがペナルティーエリア右側へ。ドリブルでの前進から右足を振り抜くと、強烈なシュートが相手GKの手を弾いてニアサイドを射抜いた。


 先制を許したアルゼンチンは敵陣でのパスカットからディ・マリアがミドルシュートを放ったが、左足での一撃は右ポストを直撃。同点に追い付くことができず、1点ビハインドで前半を終えた。


 後半開始早々、アルゼンチンにビッグチャンスが訪れる。ペナルティーエリア内での相手のハンドでPKを獲得。アグエロがキッカーを務めたが、ゴール右隅へのシュートはGKフスト・ビジャールに阻まれ、ゴールを決めることができなかった。


 PK失敗直後の49分、アグエロは背後へのスルーパスに反応して相手GKと1対1となるチャンスを迎えたが、またもシュートを阻まれてゴールネットを揺らすことができなかった。


 1点を追うアルゼンチンは59分にパウロ・ディバラ、71分にはルーカス・プラットを投入して打開を図ったが、最後まで1点が遠かった。試合は0−1で終了。アルゼンチンはホームで痛恨の完封負けを喫し、3試合勝ちなしと足踏みが続く。


 アルゼンチンの次節は11月10日、ブラジルとのアウェーゲームを控えている。一方、敵地で貴重な勝ち点3を掴んだパラグアイは次節、ペルーをホームに迎える。


【スコア】

アルゼンチン代表 0−1 パラグアイ代表


【得点者】

0−1 17分 デルリス・ゴンサレス(パラグアイ代表)