2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選第10節が11日に行われ、ベネズエラ代表とブラジル代表が対戦した。


 第9節を終えて5勝3分け1敗、勝ち点18で2位につけるブラジル。チッチ監督の就任後、南米予選3連勝を果たして順位を上げている。敵地で迎える今節はネイマールが累積警告によって出場停止。先発メンバーにはGKアリソンやダニエウ・アウヴェス、レナト・アウグスト、ガブリエウ・ジェズスらが名を連ねた。


 前半立ち上がり、ブラジルが先制に成功した。8分、ペナルティーエリア内でボールを持った相手GKのパスをG・ジェズスがカットすると、エリア手前から鮮やかなループシュートを決めた。相手のミスを逃さずに均衡を破り、ブラジルがリードを奪った。


 1−0で迎えた後半、またも立ち上がりにゴールが決まった。54分、敵陣左サイド深くでボールを持ったレナト・アウグストのクロスにウィリアンが反応。ファーサイドへ走り込むと、右足ダイレクトでシュートを決めた。両サイドを広く使った攻撃で、ブラジルが追加点を奪った。


 2点リードのまま試合を進めるブラジル。73分頃にはスタジアムの停電で試合中断を余儀なくされ、約20分後に再開となるアクシデントも発生した。試合は2−0で終了。チッチ監督就任後、予選4連勝を果たしたブラジルはウルグアイを抜いて首位に立った。


 ブラジルの次節は11月10日、アルゼンチンとホームで対戦。ライバルとの重要な一戦を迎える。一方のベネズエラは同日、ボリビアをホームに迎える。


【スコア】

ベネズエラ代表 0−2 ブラジル代表


【得点者】

0−1 8分 ガブリエウ・ジェズス(ブラジル代表)

0−2 54分 ウィリアン(ブラジル代表)