かつてレアル・マドリードで活躍した元ブラジル代表DFロベルト・カルロス氏が、将来的なレアル・マドリードの指揮官就任について口を開いた。13日付けのスペイン紙『マルカ』が報じている。


 2012年に現役を引退したR・カルロス氏はその後、トルコで2クラブを指揮するなど指導者の道に進んだ。昨年にはインド・スーパーリーグのデリー・ディナモスFCに選手兼監督として在籍していたが、今年1月にクラブを後にして以降は監督業から離れている。世界有数の左サイドバックとして名を馳せた同氏は現在、レアル・マドリードのアジア・太平洋地域の大使としてクラブに復帰している。


 同紙によればR・カルロス氏は将来的なレアル・マドリードの監督就任について、「私はすでにクラブと話をしたよ。でも、彼らは僕を求めていない」とコメントし、現状では可能性が低いことを告白。「彼らは、僕のイメージには大使の方が合っていると言ってきたよ」と、現在の職が適任であるとクラブから伝えられたことを明らかにした。


 その上で「監督業に戻れる機会があれば、そうするだろう。でも今は、大使の仕事に満足しているんだ」と、チャンスが訪れれば指揮官の職を引き受けると語った上で、現在の仕事に集中する意思を表明している。


 レアル・マドリードは現在、リーガ・エスパニョーラで首位アトレティコ・マドリードと同勝ち点の2位。次戦は15日に、第8節でベティスと対戦する。