FIFA(国際サッカー連盟)は14日にチューリッヒで理事会を開催し、その内容を公式サイトで発表した。


 FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長は以前からワールドカップの出場国数を拡大させる意向を示していたが、今回の理事会で、2026年大会より現在の32カ国から40、もしくは48カ国に拡大する方向で協議。来年1月の理事会で結論が出ると伝えている。


 また、JFA(日本サッカー協会)が要請していた熊本地震による被害への支援が承認され、人工芝のピッチの修繕費などが支給されることとなった。