日本代表FW浅野拓磨とMF細貝萌が所属するシュトゥットガルトは16日、細貝が右足の小指を骨折していることを発表した。


 シュトゥットガルトは15日に行われたブンデスリーガ2部第9節でディナモ・ドレスデンに0−5と大敗。細貝は同試合にフル出場したが、試合前の木曜日(13日)時点で負傷していたと発表されている。痛み止めの注射を打って強行出場していたと伝えられた。


 シュトゥットガルトのハネス・ヴォルフ監督は「試合においては、ケガの影響はなかった」とコメントしているが、細貝は今後10日間程度、練習参加を見送ると発表されている。同クラブは次節、21日に1860ミュンヘンをホームに迎える。細貝は同試合を欠場する見通しとなった。


 1860ミュンヘン戦の後、シュトゥットガルトは25日にDFBポカール2回戦でボルシアMGと、30日にはブンデスリーガ2部第11節でカールスルーエと対戦する。