セリエA第8節が15日から16日にかけて各地で行われた。


 首位ユヴェントスウディネーゼとホームで対戦。アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラの2ゴールで2−1と逆転勝利を収めた。ユヴェントスは4連勝で、7勝1敗の勝ち点「21」。2位以下に5ポイント差をつけて首位をキープしている。


 注目の一戦となったナポリローマの対戦は、アウェーのローマが3−1と快勝。ボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表FWエディン・ジェコの2ゴールなどで難敵を破り、勝ち点を「16」に伸ばして2位に浮上している。敗れたナポリは暫定4位となっている。


 また、4勝1分け2敗のミランは敵地でキエーヴォと対戦して3−1と快勝。ローマと並んで勝ち点「16」、3位となっている。負傷中の日本代表FW本田圭佑はベンチ外だった。


 ミランが5戦負けなしと勝ち点を積み上げた一方、インテルは足踏みが続く。カリアリをホームに迎えたが、1−2と痛恨の逆転負け。公式戦3連敗で、リーグ戦では暫定11位に低迷している。日本代表DF長友佑都はベンチスタートだったが、出場機会は得られなかった。


 セリエA第8節の結果は以下のとおり。


■セリエA第8節

ナポリ 1−3 ローマ

ペスカーラ 1−1 サンプドリア

ユヴェントス 2−1 ウディネーゼ

フィオレンティーナ 0−0 アタランタ

ジェノア 0−0 エンポリ

インテル 1−2 カリアリ

ラツィオ 1−1 ボローニャ

サッスオーロ 2−1 クロトーネ

キエーヴォ 1−3 ミラン

パレルモ vs トリノ(17日開催)