プレミアリーグ第8節が15日、16日に行われた。


 首位に立つマンチェスター・Cと5位エヴァートンによる上位対決は、エヴァートンのオランダ代表GKマールテン・ステケレンブルフが2本のPKをストップする活躍を見せ、1−1の引き分けに終わった。


 3位アーセナルはスウォンジーをエミレーツに迎えた。点の取り合いとなった同試合ではイングランド代表FWセオ・ウォルコットが2ゴールを挙げる活躍を見せたほか、開催日の15日が誕生日だったドイツ代表MFメスト・エジルもゴールを決めている。3−2で勝利したアーセナルは、引き分けに終わった首位マンチェスター・Cに勝ち点で並んだ。


 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターは、チェルシーと対戦した。岡崎がベンチ外となった同試合では、開始早々にスペイン代表FWジエゴ・コスタに先制ゴールを許すと、その後も流れをつかめず0−3で敗北。昨シーズンの王者は早くも4敗目を喫している。


 リヴァプールとマンチェスター・Uによる注目の一戦は、17日に開催される。


 そのほかの結果は以下の通り。


■プレミアリーグ第8節

チェルシー 3−0 レスター

アーセナル 3−2 スウォンジー

ボーンマス 6−1 ハル

マンチェスター・C 1−1 エヴァートン

ストーク 2−0 サンダーランド

ウェスト・ブロムウィッチ 1−1 トッテナム

クリスタル・パレス 0−1 ウェストハム

ミドルスブラ 0−1 ワトフォード

サウサンプトン 3−1バーンリー


▼17日開催

リヴァプール − マンチェスター・U