バルセロナのブラジル代表FWネイマールが、自身が広告塔を務める企業のイベントの席でプライベートに関して興味深いコメントを残した。


 ネイマールはまず、休日の過ごし方について質問されると、プレーしたい欲求を抑えるのが辛いのでフットボールの試合は見ないようにしていることを説明した。


「自分がプレーしていない時、テレビでフットボールの試合を見るのは好きじゃない。なぜなら、必ず苦しい思いをさせられるからだ」


 その一方で、オフの時間もアクティブに過ごしているというネイマールは、趣味の数々を挙げながら意外な側面も覗かせた。


「フリーな時間がある日は、連続ドラマや映画を楽しむことが多いね。良く見るのはアクションとコメディだ。うちにはホームシアターはないので、友達や家族を連れて映画館に行くよ。また、友達を呼んでテレビゲームをすることもある。一番のお気に入りジャンルはアドベンチャーだ。それから、最新のテクノロジーに触れる時間も楽しいね。僕は何かを試したり創り出したりするのが大好きだからね」


 ネイマールはさらに、5歳になる息子のダヴィ・ルッカ君にも試合観戦の趣味は無いことを明らかにしている。


「僕だけでなく息子も試合は全く見ないね。彼はフットボール自体が好きではないみたいで、もっぱらドラゴンや恐竜に興味を示しているよ」


文=北村敦