チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節が18日に行われ、スポルティング(ポルトガル)と日本代表MF香川真司の所属するドルトムント(ドイツ)が対戦した。


 前節、グループステージ最大のライバル、レアル・マドリード(スペイン)との一戦で引き分けたドルトムント。成績を1勝1分けとした同クラブは今節、敵地に乗り込んで現在1勝1敗のスポルティングと激突した。スタメンには香川が今シーズンのCLで初めて抜てきされ、ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェ、フランス代表MFウスマン・デンベレとともに2列目を構成。ワントップにはエースのガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンを起用している。


 9分、早くもドルトムントが先手を取る。ゲッツェのパスへ反応したオーバメヤンが、トラップでルベン・セメドを振り切ってエリア内へ運ぶと、GKルイ・パトリシオの動きを見て冷静にループシュート。ボールはゴール左へ吸い込まれた。


 1点を追うスポルティングは32分、敵陣でボールを奪い、細かいパスワークでエリア内へ一気に進入。最後はエリアスがGKロマン・ビュルキとの1対1を迎えるが、体勢を崩しながら放ったシュートはポスト左へ外れた。


 直後の34分、ドルトムントはデンベレが左サイドからクロスを供給。これにエリア内で待ち構えていたオーバメヤンが下がりながらヘディングシュートを打つが、ボールは枠をとらえることができなかった。


 35分には再びクロスボールがエリア内にこぼれたところをオーバメヤンが拾って右足を振りぬくも、GKパトリシオが好セーブを見せ、追加点を奪えない。


 それでも43分、ドルトムントは中盤でボールを拾ったユリアン・ヴァイグルが細かいステップワークで相手をかわすと、そのまま右足でミドルシュート。GKパトリシオがセーブを試みるも、ゴール左下へ突きささった。ヴァイグルにとってはこれがプロ初得点となっている。2−0とドルトムントがリードしてハーフタイムを迎えた。


 後半立ち上がりは2点ビハインドのスポルティングが攻勢に出る。すると66分、ドルトムントGKビュルキがエリア内でバックパスをキャッチしたとして間接FKを獲得する。このチャンスでブルーノ・セーザルが思い切り左足を振りぬき、ゴール中央へ叩き込んだ。スポルティングが1点差に詰めよる。


 71分、ドルトムントにアクシデント発生。右サイドを務めていたマティアス・ギンターが負傷し、セバスティアン・ローデとの交代を余儀なくされた。


 続く78分、ドルトムントはFKのこぼれ球を拾ったクリスティアン・プリシッチが右足でミドルシュート。しかしボールはクロスバーに弾かれ、得点には至らなかった。


 終盤はスポルティングが同点を目指すが、最後までゴールには至らず。ドルトムントが逃げ切り、敵地で勝ち点3をゲットした。なお、香川はフル出場を果たしている。


 次節は11月2日、ドルトムントのホームで両チームが再び対戦する。


【スコア】

スポルティング 1−2 ドルトムント


【得点者】

0−1 9分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)

0−2 43分 ユリアン・ヴァイグル(ドルトムント)

1−2 67分 ブルーノ・セーザル(スポルティング)