オーストリア2部エアステリーガ第14節が18日に行われ、SVホルンはFACウィーンとホームで対戦した。


 SVホルンはGK権田修、DFハーフナー・ニッキ一、MF矢島倫太郎が先発。11分、SVホルンはアルベルト・ヴァルチのゴールで先制すると、続けて15分に1トップのニルス・ザトルが追加点を決めて2−0で前半を折り返した。試合終了間際にPKで1点を返されたものの、逃げ切りに成功して6試合ぶりに勝ち点3を手にした。73分に新井瑞希が途中出場を果たし、4人の日本人選手が出場している。


 試合当日、会場では日本とオーストリアの文化交流と集客を目的とした「Japanese Festival」が開催。「試合結果だけでなく、日本人が経営しているSVホルンだからこそ提供出来る体験の創出」をテーマに行われた。SVホルンのオフィシャルサポーターのじゅんいちダビッドソンさんが来場し、日本から取り寄せた地酒の試飲会など、普段関わらない世代や国籍の人が集まり異文化交流が行われた。


【試合結果】

SVホルン 2−1 FACウィーン


得点

1−0 11分 ヴァルチ(SVホルン)

2−0 15分 ザトル(SVホルン)

2−1 90+2分 サハネク(FACウィーン)