フェネルバフチェの選手を乗せた飛行機が、緊急着陸した。19日付けのイギリス紙『テレグラフ』が報じている。


 20日にUEFAヨーロッパリーグ・グループステージ第3節でマンチェスター・Uとのアウェーゲームを戦うフェネルバフチェは、19日にトルコからイギリスへ向かった。ところが、その途中でトラブルにより飛行機がハンガリーのブダペストに緊急着陸することになったようだ。幸い、選手たちは全員無事だという。


 同紙によれば、鳥が航空機と接触する“バードストライク”が原因で機体に損傷が出たため、飛行の中断を余儀なくされた模様だ。同クラブは公式ツイッター上で窓ガラスにヒビが入った機体の様子を公開し、「何も怖いことはない」などと、無事を報告している。


 また、このツイートに対戦相手のマンチェスター・Uの公式アカウントから、「マンチェスターへの残りの旅が、安全なものでありますように」などと返信が送られており、フェネルバフチェ側も、「ありがとう」と返している。


 重要な一戦を前に、思わぬハプニングに襲われたフェネルバフチェ一行。苦労の末にたどり着いたマンチェスターで、好成績を収めることができるだろうか。