レアル・マドリードのクロアチア代表MFルカ・モドリッチが、11日に発表された2016年のクロアチア年間最優秀選手に輝いた。


 首都ザグレブに拠点を置く全国紙の『ヴェチェルニ・リスト』の主催により45年の歴史を持つ同賞は、11人の審査員の投票によって選出される。そして今回、2003年のダド・プルショ氏以来となる満票の110ポイントを獲得したモドリッチは、80ポイントのバルセロナMFイヴァン・ラキティッチや76ポイントのユヴェントスFWマリオ・マンジュキッチを抑え、2016年の母国ナンバーワン選手に輝いた。


 これまで2007年、2008年、2011年、2014年と選出されており、今回で5度目の受賞となったモドリッチ。これはレアル・マドリードおよびクロアチア代表の先輩であるダヴォール・シューケル氏の6度に次ぐ偉業とあり、受賞の喜びを感慨深げに表している。


「この賞は僕の心の特別な場所を占めている。なぜなら、自分がキャリアで初めて手にした伝統のある賞だから。あの2007年の受賞時は、5度もトロフィーを獲得できるとは思ってもみなかった」