川崎フロンターレは13日、ポンチ・プレッタに所属するブラジル人FWハイネルが期限付き移籍で加入すると発表した。期限付き移籍期間は2017年2月2日から2018年1月1日まで。


 ハイネルは1990年生まれの26歳。身長175センチメートルのアタッカーで、グレミオやフルミネンセ、ヴィトーリアといった国内クラブを渡り歩いてきた。


 加入にあたり、ハイネルは以下のようにコメントしている。


「今、とても気持ちが高ぶっています。幸せです。私に日本でプレーをするチャンスを与えてくださったことに感謝しています。話をいただいたときにレナトに電話をしました。彼は、フロンターレには将来性があって、とてもいいチームで、僕も大好きなんだと話してくれました。安心しました。私の特長はスピードとゴールのチャンスを生み出すプレーです。一日でも早くチームにフィットし、サポーターの皆さんに喜んでいただけるように、精一杯頑張っていきます」


 川崎は韓国代表GKチョン・ソンリョンやブラジル人DFエウシーニョとの契約更新を発表し、同DFエドゥアルドと同MFエドゥアルド・ネットの完全移籍加入も決まっている。ハイネルの加入で、外国籍選手は5選手となった。なお川崎は、ハイネルが12日に来日した旨を併せて発表している。