北京国安のスポーツ・ディレクター(SD)を務めるシャオ・ジャイ氏が、ガラタサライに所属する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキの獲得を否定した。大手メディア『ESPN』が13日に伝えている。


 昨年末からポドルスキに関心を示していることが報じられていた北京国安。これに対しガラタサライの取締役会メンバーであるレヴェント・ナシフォグル氏が、「移籍交渉は最終段階にある」と説明したほか、ポドルスキ自身も中国移籍に前向きな意向を示していると伝えられていた。


 しかし同メディアによると、北京国安のジャイ氏がポドルスキ獲得を否定。「ポドルスキは優れた選手。私は彼を称えるよ」とバイエルンやアーセナルでのプレー経験もある同選手を評価した上で、「我々のターゲットではない」と獲得を目標としていないことを明言した。


 さらに同氏は、「私は実際、少し混乱している。その噂はどこから来たのだろう。彼が我々の獲得リストにないことを明確にしなければならないね」と語り、そもそもポドルスキの加入を目指していなかったとした。