大宮アルディージャは14日、2006年から2014年まで同クラブでプレーした江角浩司氏が、育成普及本部 地域プロデュース部 U−12コーチに就任すると発表した。


 江角氏は1978年生まれの38歳。大阪体育大学から大分トリニータを経て、2006年に大宮へ加入した。同クラブでは2014年まで9シーズンに渡ってプレーし、2015年にカターレ富山へ移籍。昨年11月17日、2016シーズン限りでの現役引退を発表した。キャリア通算では、明治安田生命J1リーグで127試合、明治安田生命J3リーグで23試合、ヤマザキナビスコカップ(現・JリーグYBCルヴァンカップ)で26試合、天皇杯で6試合に出場している。


 3年ぶりの大宮復帰、そして育成部門でのコーチ就任が決まった江角氏は、以下のようにコメントしている。


「このたび、育成普及本部 地域プロデュース部U−12コーチに就任することになりました。再びアルディージャに関われることを、とてもうれしく思います。これまでの経験を生かしながら、自分らしくアルディージャの発展に貢献できるように努めていきます。どうぞよろしくお願いいたします」