俳優の大鶴義丹(48)が22日放送のテレビ東京「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜」(木曜深夜0・12)で、ドラマのギャラについて言及。「単発より昼ドラマの方が儲かる」と明かしたほか、その理由についても説明した。

 30代のころから2時間ドラマへの出演が増えたという大鶴。主役ではなくても犯人役として出演した場合でも「(犯人になるまでの)ストーリーがあって、ゲスト主役みたいなもの。ギャラの配分も多かった」と振り返り、その額については「2週間の拘束で100万円は超えないのでは。人によっては叩かれる(下げられる)こともあるが、これが相場」とした。

 また2時間よりも「昼ドラマの方が逆に儲かる。数で」とも。ギャラが1話10万円だとしても「全話63本になるので、(一作品で合計)630万円になる」。その上、昼ドラマの撮影はスケジュールがタイトで、スタジオに宿泊することもあることから「お金を使う暇もない」。それだけお金もたまるといい「遠洋漁業みたいなもの」と例えて周囲を笑わせていた。