滝沢秀明(34)が主演する舞台「滝沢歌舞伎」(4月6日〜5月14日、新橋演舞場)の取材会が13日、都内で行われた。昨年に引き続き、V6の三宅健(37)が出演。同舞台は滝沢が女形に扮する一幕が見どころの一つだが、今回は三宅が女形に初挑戦することが発表になった。

 昨年同様、歌舞伎の名場面をアレンジしたショーと、「鼠(ねずみ)小僧」を題材にした2部構成。演出も務める滝沢は「健くんは歌舞伎のメークが似合ったので女形もいけるはず。2人で女形をすれば喜んでもらえると思った」と“ケンタッキー”での女形に至った経緯を説明。「これまでと違う歌舞伎の世界をつくりたい」と意気込んだ。

 三宅は「昔、井ノ原(快彦)くんが舞妓(まいこ)さんの扮装をして怪物になったことがあった。女形は相当難しいと思うんですが、滝沢に言いくるめられました」と苦笑い。「しばらく内股で歩きたい」と冗談めかしながら、やる気を見せた。同作に初出演した昨年は、開幕3日目の公演で右足を骨折。演出の一部を変更して千秋楽公演まで出演した。

 「滝沢歌舞伎」は今年初演から12年。5月4日の昼公演で上演回数通算600回を達成する。