テレビ朝日の八木麻紗子アナウンサー(30)が13日、1年2カ月ぶりに産休から復帰したことを報告した。

 同局サイト内になる自身のブログを更新。「ただいまです!」のエントリーで「お久しぶりです。八木麻紗子です。約1年2カ月、産休・育休を頂いていましたが、おかげさまで元気いっぱいの状態でアナウンス部に戻ってきました!」と報告。

 「昨年2月に息子を出産してからというもの、睡眠不足や慣れない世話で涙がほほをつたう夜もありましたが、とびきりの笑顔に癒やされ、底知れぬパワーをもらい、大変だけど楽しい!!そんな毎日を過ごしていました」と振り返った。

 「あらためまして、こうしてまた仕事ができること。浦島太郎状態の私を職場の皆さんに温かく迎えてもらったこと。すべてに、心から感謝しています。また新たな気持ちで仕事に邁進して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします」とした。

 京都大学農学部から2008年4月に入社。「スーパーJチャンネル」「週刊ニュースリーダー」などを担当。11年、野上慎平アナウンサー(32)と職場結婚。昨年2月、第1子男児を出産した。