お笑いタレントの千原ジュニア(42)が14日、大阪市内で映画「劇場版 新・ミナミの帝王」の公開初日舞台あいさつを行い、同作で共演した俳優・袴田吉彦(43)の不倫報道をイジった。

 同作の舞台であるミナミの映画館でのあいさつだけに、「袴田さんも来られたらよかったんですけど」と切り出してニヤリ。12日発売の週刊新潮でグラビアタレントとのアパホテルでの密会不倫が報じられた共演者の名を挙げ、「近くにアパホテルがないんで来られない、ということで残念でした」とここぞとばかりにネタにし、笑わせた。

 また、撮影中の“流血事件”を瑠東東一郎監督から暴露された。先輩・板尾創路(53)との共演初日で、前日から「緊張する」と言っていたジュニアが珍しく遅刻。謝りながらやって来た主役の額がぱっくり割れており、現場は騒然。監督は「大流血されてて、何があったんかと思った」と振り返った。

 実はその日、ジュニアは目覚ましのセットを誤り寝坊。慌てて家を出る瞬間、「気持ちが先に行ってドアが開ききる前に飛び出して、バーンといって…」と自宅の玄関ドアに激突したことを告白した。「タクシーの運転手もチラチラ見て小首かしげてるからなんやろなあ、と思ってたら大流血してた。(自分では流血が)まったく分からなかったんですよ」と、苦笑い。額の傷はメークで隠して撮影を続けたことを明かしていた。